Designer

 

村松啓市
Keiichi Muramatsu

1981年生まれ。静岡県出身。文化服装学院 ニットデザイン科卒業。

卒業後に高級糸メーカー・リネアピウグループ(イタリア)に留学経験を持つ。

2005S/S Collectionより、ファッションブランド【everlasting sprout】として活動をはじめ、15年を迎えた2020S/S Collectionより【muuc】にブランド名を改める。

2008年、イヴ・サンローランやカールラガーフェルドを見出した「ウールマーク・プライズ」にて、世界中の若手ファッションデザイナーの中からファイナリストに選ばれる。さらに、パリのトレードショーやロシア・サンクトペテルブルク(エルミタージュ美術館内)でショーを行うなど アートピースの制作も行っている。

特許技術を取得しているほどの高いニットの技術や知識から生まれるデザインが特長。

2011年、独自のデザイン論や技術をたくさんの人とシェアすることで、より良いファッションカルチャーを作ることを目指し、活動拠点を静岡県島田市に移す。

2016年、ニットカルチャーを広げるプロジェクト【AND WOOL】をスタートさせ、編み職人を育てる活動や手を動かす楽しさを伝える活動など、ニットや手仕事の可能性を追求している。